暁運輸について

50年以上変わることなく
「早く」、「確実」、「安心」
を提供し続けています。

暁運輸は昭和44年10月に石川喜一が設立しました。
当時は高度経済成長の時代で物流が急激に増加しており、弊社は神奈川を拠点に多くの企業を物流でサポートしてきました。
車両がまだ多くなかった当時は交代制で日本各地へ休むことなく運送し続けていました。
そんな中、より荷物を早く、確実に届けるべく社員教育を徹底し、 サービス向上に努めてまいりました。 2016年4月には石川喜一から和田真理が社長を引き継ぎ、働きやすい環境作りをスタートさせました。

そして50年以上経った今でも、車両の設備等ハード面の充実から、ドライバーへの教育・啓蒙を手を抜くことなく続けて、お客様に「早く」、「確実」、「安心」を提供し続けています。

私達はお客様専門の
物流部門のスタッフと
思っています。

荷物の価値をお客様と共通化するために、私たちはお客様先のスタッフという気持ちを持っています。
物流の前には必ずお客様先の打ち合わせに参加させていただき、荷物の内容や重要性などの認識を共通化をさせていただきます。
また、配送先ではお客様スタッフとしてお伺いしますので、社内スタッフのマナー教育には徹底しています。

このように、私たちはお客様のスタッフという気持ちで、お客様先に自信を持って大切な荷物を運んでいます。
こういったことが、信頼へと繋がり、現在も多くのお客様と長いお付き合いをさせていただいております。

安心・安全は車両整備が
重要です。念入りのチェック、
管理を怠りません。

車両チェックや整備は全拠点欠かさず実施しています。
チェック項目を設け、必ず万全な状態を確認した上で輸送に向かいます。
その他にも全車両にドラレコやバックモニターなどお客様と社員の安全の為の設備投資は惜しみません。

安心安全を心掛けて、
各営業所、全社員全てが
毎月教育をしてます。

運輸は車と運転手の心構えが重要です。
弊社では安全運転を心掛けるように、毎月ヒヤリハットを徹底し、社内だけではなく他社の事故の事例やケースを全営業所、全社員に共有しています。
そして、何よりも事故に繋がるような無理な仕事にならないように調整しています。
全社員の体調管理や健康管理を定期的に実施し、社員が安心して勤務できるように最善の環境作りを第一に考え、いつでも万全な状態で運転できるように心掛けています。